2008年6月 5日 (木) グッドモーニング・ジョー


 

昨晩はラジオの生放送がありまして、「せっかくだから放送事故を起こしてみよう」という話になったので二人してダンマリを決め込んでみましたら、すかさず音楽が流れ「喋って下さい!お願いです!」というディレクターの悲痛な叫びに、つい噴き出してしまい作戦失敗。放送事故への道険しでございます。次こそは。

朝。おなかを見てみましたら少々たるんでいたのに腹が立って、いつもの倍、20km走ることにする。当然ランニングコースも変わってくる。五反田から三茶をまわって、渋谷、六本木、東京タワーに合掌して、田町、天王洲、そして五反田と。後半は普段走らない東京湾沿いを走った。海沿いのよくわからない場所のよくわからない橋で、向こうから男が1人歩いてきて、顔を覗くと平成ノブシコブシ吉村。笑った。「どこで出合ってんだよ」という話に。昨日のロケでお世話になったのでお礼、そしてお互いお仕事へ。今日はKING KONG LIVE。

金沢の会場に着くやいなや、トンボが「カメラの調子がおかしいです」とカスタマイズセンターへ電話をしていたので、とりあえずの悪ノリでビデオカメラを粉々にブチ壊してみたら本気でブン殴られた。

来月も再来月もKING KONG LIVE はあるんだけれど、キチンと告知ができていない現状。ライブの一ヶ月前にお知らせできていない異常事態、それだと「ブログを見て」だとか、相当コアなファンしかライブに足を運ばない。それじゃ意味がない。その辺りを毎回簡単に手を抜いてしまう織田君にブチギレ。「検討中です」とかぬかしやがったから更にキレる。社員との熱量の違いを感じる。独演会然り、我々キングコングチームのこの告知の悪い癖は必ず直します。本当にすみません。だけどボク達キングコングと同じように織田君にあたる奴には腹が立つ。決してバカにしていい奴ではない。

KING KONG LIVE 金沢公演が始まった。

ネタ中に堂々と最前列のお客さんが遅れてやってきて、すごく目立ったのでもちろん二人してイジってはいたのだけれど梶原がキレていることには簡単に察しがついた。遅れてきた事を咎めているわけではなく、他のお客さんへの配慮不足に。客イジリなんて大嫌い。そんなの面白くもなんともないし、ネタの本当のウケがわからなくなるから。しかたがない、切り替えるしかない、今回そのネタは捨てた。今度KING KONG LIVE に遅れてくるならば、できればネタの合間に席に着いて頂きたい。ボクからのお願いです。「偉そうだ」と罵ってくれてもまったく構わない。だけど皆、お金払って時間を割いて来ているんだよ 。

肝心の内容の方は納得のいくものに。ボクたちは本当に試したいネタを最後の方に持ってくる。一通り見て、ある程度慣れて笑いにくくなっている場所に。そこでのウケが本当に重要。面白いか面白くないかのジャッジがキチンとできる。KING KONG LIVE はその場所を作る為にやっているようなもの。営業先ですでに沸いているお客相手にウケてもしかたがない。そういう点で今回は納得のいくものに。ライブに来てくださった皆様、どうもありがとう。

300人のお客さんに対し、出待ちが9人。ファンレター0通。その人気の無さをトンボがケラケラ笑うからアイツを殺してボクも死んでやろうかと思った。ハッキリ言って、人気が欲しい。

前説として後輩のトレンディエンジェルに来てもらった。夏に少しお仕事をお願いしようと思っているので梶原とも会っておいたほうがいいかと。ライブ終わりはそのトレンディーエンジェルの斉藤とトンボと3人で呑みにいった。普通の呑み屋さんだったんだけど、他のお客さんに見つかって、ホストの方だとかオッパイを強調した服を着た女の子が入れ替わり隣に座ってきてなんだか撮影会みたくなった。とくにオッパイを強調した服を着た女の子にはもうくらくら、すんごい緊張した。あわよくば触りたかった、男・西野亮廣27歳。そんなこんなで、金沢の夜は更けて・・・。次は静岡公演。その前に宮崎で独演会。ライブですよ、ライブ。

あなたの生の笑い声をボクはとても聞きたいんだ。

2008年6月

Posted by nsnkouron