2008年6月19日 (木) Tシャツが汗臭い、だけど洗濯は面倒くさい


 

ライブ「ろくでもない夜」があった。いつもはド深夜、オールナイトでのライブなんだけど、それだと未成年の子が来れれないということで、今回は19時からの2時間バージョンをお届け。街でバッタリあった中学生の女の子に「未成年が行ける時間でもやってください」と言われちゃったのです。やったよ。

最初からエンジン全開、メンバーの皆がボク抜きでコンパに行ったらしく、もちろんブチ切れ。舞台上で暴れまわる私、まったく納得がいかない。お客さんは笑っていたけど、言っておくが笑いごとではない。ボクはチューがしたいんだ。コンパの途中で後輩の石橋君が女の子にキレたという話になって、「芸人たるもの、キレたりしたらアカン」と言ってみたら、皆からツッコまれた。先日、ルミネでキレたばかり。ルミネでキレた時の真相と、歌舞伎町であらびき団のスタッフさんと喧嘩になった時の真相、そんなこんなをかたっぱしから喋った。独演会と違うのは舞台上にキチンとリアクターがいるということ。楽しい、楽しい。

すんごい古典的なゲームをやってみた。「叩いてかぶってジャンケンポン」これがメチャクチャ楽しい。もちろんのこと普通にはやらない。判定が微妙だった場合にはスロー再生、とは言っても映像で撮っているわけではないから、皆でスローモーションになって再現。ろくでもないミニコントが繰り広げられる。そして負けてしまった私に課せられた罰ゲームは別れた彼女の好きだった部分を大声で叫ぶというもの(これは罰ゲームとしてはまだわかる)と、コチョコチョ。ボクはくすぐられるのが本当に弱いからコレに決まったんだけど、オッサンが集まってコチョコチョやって、「やめてぇ~」というクソ茶番を、お金を払っているお客さんに見せるっていうんだから、どうしようもない。

散々、わめき散らして2時間。ライブ終了。楽屋でブッ倒れる一同、本当にいい汗かいた。普段のライブに出てもらっている後輩ちゃん達も観に来てくれていて、お礼を兼ねて皆で呑みにいくことに。芸人20人くらいで呑む酒、旨くないわけがない。次から次へと繰り広げられるミニコント、感極まって泣き出す川口くん、ボクは幸せ。今月はお金を使いすぎた。織田君の報告によるとボクの銀行にはあと5万円しかないらしい。死ぬほど笑った。そんで皆を連れて、ボクの家に行った。どうしようもないドンチャン騒ぎ。前マネージャー坂本さんは渋谷でNHKのプロデューサーさんと呑んでいたらしく、「今、西野さんの話になっているんです」と電話がかかってきて、もう関係ない、「一緒に呑んじゃえ」ということで、我が家にてろくでもない夜のメンバーとNHKのプロデューサーさんとゴッチャ混ぜの呑み会。プロデューサーさんはお笑いに熱のある方で、ボクはとても嬉しくなった。いつか一緒に仕事をしてみたい。きっと楽しい。それにしても男だらけ、地獄的に臭い。女の子の髪の毛を匂いたい。畜生め。

そんでブッ倒れたボク、呑みすぎた。寝る寸前まで皆の笑い声が聞こえる、毎日こうやって眠りたい。朝起きてみたら声がまったくでない、大丈夫かね、とりあえず病院でも行くかね。お笑いで体がボロボロになるんだもん、本望だよ。このままの勢いで爺になろうと思います。

嬉しいことがいっぱいあったなぁ。お客さんに『ドーナツ博士とGO!GO!ピクニック』のチケットを出され「観にいきます」と言われた時はもうどうしようもなく、新しい後輩ちゃんと知り合えたことも、皆が騒いでいたことも・・泣きそうになるよ。お笑いを選んでよかった、間違っていない。

次は25日、大谷さんとのトークライブ。どうやら過激な内容になりそうだ。

よし、お笑いやるか。

2008年6月

Posted by nsnkouron