2008年6月23日 (月) キャラクターデザイン大苦戦


 

夏の舞台『ドーナツ博士とGO!GO!ピクニック』の衣装打ち合わせが昨日。スタイリストさんにキャラクターのイメージを伝え、その衣装を用意してもらうソレ。悪の組織マカロニ怪盗団のビリー・ルビッチとデコデコ・ブッキーの二人を除き、衣装がまとまる。どうしてその二人を除いたのか、理由がある。

実は今回の舞台、グッズなんかも作ろうという話になっていて、そこでそのグッズのマスコットキャラクターになっていただくのがマカロニ怪盗団のお二人。マカロニ怪盗団の二人がデザインされたTシャツなんかを作ろうという話なのです。そこで実際の役者さん、ビリー役の梶原とブッキー役の内間くんの顔面をプリントするというのも少々気持ちが悪いので、アニメキャラクターのようにしてしまおうと。本人ではなくデフォルメされたイラストのビリー・ルビッチとデコデコ・ブッキーを、ということで衣装はそのイラスト先行、つまりイラストが仕上がってからそのイラストに近い衣装を用意、もしくは作ろうという流れ、故にその二人の衣装に関してはイラスト待ちなわけです。

そしてそのイラストももちろん、ポスターデザインをやっていただいたしんじサンに依頼。これらに関しては糞ダルマにまかせているのですが、最終的なGOだけはボク。七転八倒、紆余曲折、理想のビリー・ルビッチとデコデコ・ブッキーが出来上がるまでにアッチ行ったりコッチ行ったり・・。最初に上がってきたラフスケッチではマカロニ怪盗団の顔面がマカロニになってしまっているではありませんか。これでは「マカロニマン」です。マカロニ怪盗団・・・「マカロニ」とは謳ってはいますが、実際は「マカロニ」と何の関係もございません。響きで決めた名前なのです。よって却下、これはいたしかたありません。続いて上がってきたのが、カラーの全身タイツを着た胸筋ひどく発達した逆三角形のアマコミ調のマカロニ怪盗団。これはもはやX-MENです。劇中にはX-MENっぽさを発揮するシーンはございませんで、泣く泣く却下。しんじサンに対し、心が痛む私ではございますが、妥協は誰の為にもなりません。本人も相当悩まれたことだと思います。次に上がってきたのは、もう説明の必要もございません。ピエロです。これだとマカロニサーカス団です。ソレは間違いなくピエロだったのです。何度もゴメン、しんじサン。もう一度・・もう一度。昨夜、そんな事が繰り返されまして、今朝方、本当に素敵なマカロニ怪盗団、ビリー・ルビッチとデコデコ・ブッキーが出来上がったのです。しんじサンと糞ダルマに感謝です。これが今回の舞台のマスコットキャラクターになります。このTシャツだと外でも着られそうです。仕上がりが楽しみ。

舞台が少しずつ、少しずつ、出来上がってきています。そして夏が近づいてきています。

2008年6月

Posted by nsnkouron