2008年7月 2日 (水) 助っ人


 

さてさて迫ってまいりました、舞台『ドーナツ博士とGO!GO!ピクニック』頭を抱えて悩んだり、腹を抱えて笑ったりしながら着々と稽古も進んでおるわけです。

今回は音楽がキーとなるお話でして、やはりそこにも力が入るワケで・・・そんなところでのラッキィ池田さんの協力というのは非常に心強いのです。ありがたい、ありがたい。そして何故かこのボクを面白がってくれて、ボクが作った曲を「キチンとした形にしましょう」と手を挙げてくれたお方、須藤晃さん。知る人ぞ知る強面オヤジ、尾崎豊さんのプロデューサーさんと言えば。ボクはその須藤さんに今回の音楽のプロデュースをお願いしたわけです。とにかく須藤さんの仕事は早い、ボクがポンコツギターで弾いた曲を翌日には形にしてくれたのです。とても信頼のできる強力助っ人です。今回の舞台が終わっても付き合っていきたい人です。

さて、曲はできました、振り付けも大丈夫。あとは誰が唄うか、です。もちろん舞台上では演者さんに唄って踊ってもらうのですが、この場合の唄というのは主題歌でして、客入れ時に流そうと思っている唄です。それを誰に唄ってもらうか・・・実はもうずいぶん前から決めているのです。『GO!GO!マカロニ怪盗団』という曲、劇中に出てくる悪の組織マカロニ怪盗団のテーマソングでもありまして、やはりそこは野太い魅力的な声のお方に。そしてボクが一緒に仕事をしたい人ですから、この人しかいません。

後藤ひろひとサンです。

後藤さんの舞台を観に行った帰りに呑みに行って、その席でそのお願いをしたのですが、どうもイマイチ乗り気ではない御本人。それならば、とボクは「賭け」をふっかけたのです。「脚本が面白かったら唄ってちょうだい」という賭け。すぐさま本人に脚本を送りまして、そんでお返事をいただきました。ありがたい気持ち、そしてなにより嬉しい気持ちです。レコーディングはまだなのですが、そりゃもう楽しみで楽しみで。客入れで後藤ひろひとの歌声が響いているなんて、なんと楽しいことでしょうか。贅沢させてもらいました、ウシシ・・。

強力な助っ人陣のバックアップのもとで臨ませていただく事になりました『ドーナツ博士とGO!GO!ピクニック』、絶対に面白いモノにしないといかんです。コレだけやってもらうと余計に思います。もうすぐ始まります。

2008年7月

Posted by nsnkouron