2008年7月 9日 (水) 全力疾走の夏


 

早朝、寝過ごすのが怖いのでボクは新大阪止まりの新幹線に乗った。

いやはや寝不足が続いております。今までのスケジュールに加えての舞台稽古、それにともなって漫才やら絵本制作やらの作業時間を減らすのも気にくわないので、やはり睡眠時間から削られる。とりあえずは舞台の初日を迎えるまで。目ん球ゴシゴシこすって稽古に参加。ここにきて台詞や動きは完全に演者さん達の頭に入り、舞台稽古もいよいよ盛り上がってまいりました。こりゃ楽しい。

今日という日のスケジュール。月に一度の『大キングコング』の収録、そして2度のNGK出番、合間に後藤ひろひとが唄う『GO!GO!マカロニ怪盗団』のレコーディング、最後はbaseよしもとで後輩の鎌鼬のイベントのゲストに呼ばれましたもんで数年ぶりにbaseよしもとの舞台に立ちます。こりゃまた楽しみな一日になりそうです。そこそこ体力が必要な一日となりそうなので新幹線で爆睡してやる所存です。

昨晩は0時前には稽古が終わり、そこからはトンボとスリムクラブ真栄田と遠藤さんの4人で恵比寿で酒、酒、酒。そこで連中の人の良さを感じて、今回の舞台だけで終わらせるのではなく、またの機会を必ず作りたくなる。一緒に仕事がしたいと思える人と仕事がしたい。

いろんなことを考える。あと半年もすりゃいよいよ絵本制作にも終りが見えてくる。もちろん次の大仕事を考える私。ここにきて、ひたすら笑える小説を書きたくなってきた。誰も死なないし、涙もない、ただただひたすら笑える小説。お笑い芸人さんがどうして今までその表現をしてこなかったのか、それはきっと小説ではなく別の表現の仕方の方が面白くできるのを知っているからだと思う。コントだとか、それこそ舞台だとか。だけどそこを小説で表現して、出勤途中のサラリーマンさんが小説を読んで電車の中で笑っている世の中になれば、なんて素晴らしいことだろうと考える。絵本も同じ理由。早く終われ絵本制作。そういえば映画を観ていないなぁ・・というよりも観る気になれない。本も読む気になれない。その時間を使いたいから。

最近、咳と吐き気が止まらない。風邪をひいちまったかね。

モノを作るんだ。モノを作るんだ。二十歳の頃には聞こえなかった脳ミソがバリバリ音をたてる音。猛回転しているこの勢いに乗っからない手はない。とりあえず30代前半までひたすらモノを作って、そこからボクは少しだけ姿をくらませてやろうかと思っている。東京を出ようかな?まだわからない。昨日のレコーディングの際にギターで唄ったヘナチョコソングを「他であまり唄わないでくれ」と須藤さん。どうやら何か企んでやがるぜ。どうなる、俺。

言っている間にもうすぐ名古屋。もう少し短めの文章にすれば良かった。

寝れないぜ。ゲロ吐いてやろうかね。

2008年7月

Posted by nsnkouron