2008年7月18日 (金) 幸せだぜ


 

糞ダルマの誕生日だったので下北沢のガレージ下の呑み屋で酒をかっくらい、ベロベロになっての帰宅。ボクのお気に入りの扇風機はこの度『ドーナツ博士とGO!GO!ピクニック』の舞台セットと化し、しばらくは冷房の力を借りて眠ることになったワケだが、昨晩は切りタイマーをセットせずに眠ってしまった為、朝起きると乾燥で喉が痛い。声は無事に出たので一安心だけれど、これからしばらくは喉を酷使するスケジュール、こんなミスはないようにしなければ。

ルミネでの漫才、そして漫才。梶原の声がガラガラ。昨日のKING KONG LIVEが堪えたらしい。舞台は穴を空けられないのでキッチリと漫才、合間のラジオだけ助っ人で糞ダルマが参戦。夏の舞台の裏側や、8月9日の『クソろくでもない夜』の話。ついにラジオ出演まで果たした糞ダルマ、今後一体どうなることやら。

ラジオのスタジオから今回の舞台の音楽プロデューサー須藤さんの事務所が近かったので、初日の舞台の成功の報告をしに行った。ニヤニヤ顔で出迎えてくれる須藤さん、先日ボクが適当に唄った『君とシュークリームを食べたい』の編曲が済んでいたのです。どうやら今後、こちらで新しい動きがありそうな匂い。贅沢な趣味になりそう。来週の舞台を観に来られるらしい、笑わせたいな。

ルミネに戻って本日3度目の漫才。なんとか声を絞り出して喋る梶原、ギリギリ最後までもって良かった。明日は一日『はねるのトびら』の収録だが大丈夫か。大事をとって今夜の舞台稽古はお休み。そうそう、公演が空いてしまうので初日を終えても舞台稽古はやる事にしたのです。いい舞台にしたいものです。

ここのところ充実した毎日をおくれています。前から準備していたことが少しづつ少しづつカタチになってきて、それが自分の目で確認できて、体力的には少し辛いときもあるけれど、楽しさで吹き飛んでしまうのがほとんどです。彼女はできないし、仕事でも納得いかないことが毎日のようにあるけれど、初日の舞台を終えた時にはそういったこと全てが吹き飛んでいたし、そういった感動が節目節目であるからどうにかこうにかボクはやってこれています。

きっと幸せなんだと思います。

2008年7月

Posted by nsnkouron