2008年7月26日 (土) はやく終わらせないとね


 

ラジオで『好きな映画BEST3』について梶原と熱弁。梶原の1位は確か『タイタニック』、ボクはといえば、幼少の頃、下校途中にいた変態のオッサンにチンポコを見せてまでしてチケットを手に入れた映画『ゴジラ』と悩んだ挙句、それは今の状況やらも加味されたのかもしれない、『お熱いのがお好き』を1位に選んだ。コメディー映画の大傑作でございます。ここに登場するマリリン・モンローが破壊的に可愛い。ボクのヒロイン像そのもの。コメディーにはやはりキュートなヒロインが必要だと思わされた作品でございます。

もろもろ仕事が終わりまして、夜は前々からお誘いを受けていた幻冬舎の方々とのお食事。『ドーナツ博士とGO!GO!ピクニック』を観に来ていただいた皆さんなので、その感想をここ数日楽しみにしておったのです。「あそこがど~だ」「あそこはこ~だ」等々、いろんな感想が聞けてひたすら嬉しい。そして皆さん、お笑いが好きでひたすら嬉しい。

いよいよ最終章に入った絵本の話にももちろんなったので、とりあえず仕上げた2枚の絵をお渡しした。絵を受け取りキラキラした目でハシャギまわる皆さんを見て、結局ボクはこの様が見たいのだと、あらためて思う。舞台終りにロビーに飛び出しちゃうのもソレだ。

バカみたいにモノを作って、それを見てくれた人がケラケラ笑って、全てチャラ。その繰り返し。大丈夫か、人として。いつか女の子に指輪をプレゼントする、そんなキラキラした瞬間がボクなんぞにやって来るのだろうか?女の子と一緒に朝御飯を食べたいなぁ、嗚呼。その席で「彼女作らないの?」と聞かれたが、言っておくがあなた方のせいでもあるんだぞ。まったく。それにつけて、絵本制作終了後の次の仕事のお話にもなった。「他所で小説出したら自殺するよ」発言でおなじみの舘野さんがこれで喜んでくれるのなら、やってみようと思う。終わればまた始まる。海でプカプカ浮く日は遠い・・

だけど幸せだということは事実なんだ。結婚なんかもできないかもしれないけど、自分の子供の顔を見られない人生になってしまうかもしれないれど、どうやら「幸せ」と思えているんだ。とはいえ憧れはあるんだけどね・・。

幻冬舎の皆さんに、少し遅れての誕生日プレゼントをもらった。CDと絵本と「東京の部屋からは星が見えにくい」ということで、室内プラネタリウムを。今夜はいただいたCDを聴きながらプラネタリウムにスイッチを入れて、シコシコを決め込んでやろうと思います。

はやく絵本を仕上げよう。

2008年7月

Posted by nsnkouron