2008年8月 3日 (日) 夢見る汗男


 

東急ハンズへ額縁を買いに行った。書き上げた絵本の絵はいつも額縁に入れて保存している。以前、我がクソ犬『ヨコヅナ』が一度コレを噛んだことがあって、絵を額縁に入れてなかったらと思うとゾッとする。

「いつもありがとうございます」と店員さん。額縁のことでこの言葉を聞くのは今日が最後。絵本の最終章分の額縁をまとめて本日購入しまして、数えてみれば東急ハンズ様より全72個を購入。絵本は開いて片方のページが絵で片方のページが文章となるので、単純計算72×2で144ページの絵本となる。まったくバカげたボリュームだけれど来年には確実に皆様のもとへお届けできるかと。足掛けは5年になりますよ、まったく・・・。

まぁしかし、ここからが大変。簡略化されるかと思われた最終章の絵は、簡略化どころか・・・・な内容になっておりまして(ごめん!袖山さん!)、それがあと15ページ。そこから題字を書いて、文章の直しに入る果てしない作業。それでもいつかは終わりがきて、「これ、一人で描いたんだぜ」とキャバクラでくだらない親父になっているボクの未来は火を見るより明らかで・・。

今はやらなきゃいけないことがたくさんある。

漫才がもちろんだ。一昨日のルミネをもって、持ちネタのうち一本のネタ合わせを終了した。これ以上やっても無駄。新鮮味を削るだけとなる。あとはKING KONG LIVE でかける程度。故に月に2回だけ。ちょうどいいスパン。少しヘタになるくらいがちょうどいい。次は8月11日の千葉公演、八千代市市民会館。じっくりと漫才をしてこようと思います。

そしてこの夏は『ドーナツ博士とGO!GO!ピクニック』、明後日が4日目の公演。飛び飛びのスケジュールの中、演者さんは本当によくやってくれている。あらためて思う、舞台はこの人達のもの。そしてボクは脚本を書く人間としての責任をとるだけということ。面白くなければ脚本家のせい、面白ければ演者のせいだ。ここは絶対。最終的にお客さんが目撃しているのはウケていようがスベっていようが演者さんのその様だ。そこの責任をとってもらっているんだから、せめて面白い本を書かないと。適当に脚本を書く奴にムカッ腹が立ってしかたがない。そしてボクも誰かにそんなことを言われるのはシャクなので、気を引き締めて書いた今回、そして次回の『グッド・コマーシャル!』だ。どちらも責任だ、責任。

『クソろくでもない夜』もあるし、『第27回 西野亮廣独演会in愛媛』も控えている。どこかで一段落つく日が来るのだろうか・・。今日、街中ですれ違ったカップルの女の子からすんごいいい匂いがした。あの後、あの男があの娘を腕枕しているのかと思うと、畜生うらやましいったらありゃしない。元マネージャーの鈴木さんは「結婚する」とか言いだしたし・・。突然、ボクの携帯に「すみません、〇〇さんから勝手に番号を聞いちゃって・・」とアイドルちゃんからの電話がかかってこないだろうか。夜な夜な、電話越しにその娘のアイドルゆえの悩みとかを聞きたい。そんな妄想ばかりで爆発しそうな毎日です。

なんだか臭いのでシャワーを浴びてきます。では。

2008年8月

Posted by nsnkouron