2008年8月11日 (月) クソろくでもない夜を打ち上げた


 

朝方。ライブ会場を後に、番組収録に向かうボクの足どりはフーラフラ。体力にはめっぽう自信がある方なんだけれど、今回ばっかりはしかたがない。『クソろくでもない夜』が大爆発したのです。

2会場同時開催ということで、お客さん同様、ボク達出演者もアッチへ行ったりコッチへ行ったりで、ほぼ出ずっぱり。1時間のオープニングトークでは、ここ一ヶ月の鬱憤をはらすべく声を荒げるボクを含め、一同。オープニングトークのラストで大勢のお客さんが突然流れてくる。流れてきたお客さんに向こうの会場では今何をやっているのかを聞けば「こりゃめでてーなの大江さんが一人で踊ってます」で大爆笑。大江、ナイス!今度、話を聞かせておくれ。

オープニングの出番が終わったら急いで、もう片方の音楽会場へ移動。ずっと楽しみにしていた堤下(先輩)のバンドを観るためでございます。お客さんは大盛り上がり、どうやらこちらの会場もいいスタートを切ったらしい。堤下(先輩)のライブを観た後、再び急いでお笑い会場へ。ボクの同期の連中が集まった『同期トーク』でございます。出演者はボクとNONSTYLEと平成ノブシコブシと5GAP久保田と南海キャンディーズ山ちゃん。客席はパンパンで入場制限がかかる事態に。ハッキリ言って撃ち合い。次から次へとオチを奪い合う、とても健全なお笑いの時間。非常に楽しい。吉村崇の言葉は「お前ら面白ぇなぁ~」、すでに酔っ払い。バカ野郎だ。

続いて、そのまま堤下仕切りの『ツッコミバカボーイズ』ツッコミ陣が集まってのコーナー。これは普段、堤下がライブでやっているモノ。今度もルミネであるらしい。お時間があれば是非行かれてみては?ツッコミに焦点を絞ったゲームコーナーで新たな試み。罰ゲームを喰らったのはボク。ここでは言えないような罰ゲーム。言えることは「怪我をしました」ということ。あの野郎・・覚えてやがれ。

続いて『三國志の夜』、これは三國志好きが一同に会して三國志の魅力を語るだけのコーナー。コレに関しては「面白くないから、音楽会場に行って」と再三の注意を促したものの、フタを開けてみれば超満席。舞台袖でビビる一同。好きな武将に扮した面々が虚しい。お茶を大事に抱え、「劉備」と名乗るボクは、ただのマネージャー。ビニール袋被り「馬超」と名乗る吉村は、完全にタダの変態。今から地獄が始まる。しかしながら始まってしまえば、どうやら楽しい。武将を現代のタレントに例えて話すとついてくるお客さん。「張飛は聞いたことありますが、武器の名前までは・・」とフザけたことをぬかす糞ド素人川口君。張飛を知っていて、張飛の武器「蛇矛」を知らないのは、クールポコを知っていてキネとウスを知らないようなもの。やっちまったな。川口君はバカだ。劉備に扮したボクと夏候惇に扮した山ちゃんとで積極的に話を進め、あっという間の30分。

そんでもって『はじめてのモノマネ』、モノマネをしたことがない芸人がモノマネに挑戦する、とても危険な臭いのするコーナー。楽屋のモニターでしばらく様子を見て、そのとき隣にいたNONSTYLEの井上に「ちょいと審査員の体をとって出てくれんかね?」とお願い。「いいよ」と舞台へ向かい、すぐさまコーナーを持ち上げていくその馬力はさすが。安心感が違う。山ちゃんの『GAO』やボクの『クレヨンしんちゃん』、石田の『倒れそうで倒れない壺』という地獄のラインナップも同期のチームワークで乗り切る。今回のライブであらためて同期の馬力を知った。幸せな年代に生まれたもんだ。

それが終わればボクは音楽会場へ移動。趣味で始めたバンド『グッドモーニング・ジョー』のライブは異常な熱気。お客さんはもう暴動みたいでグッチャグチャ。「この感じでハワイ公演をやっていたら、お笑いだなぁ・・」てなことを終了後に思いながら・・・。それはまさにボクの理想「アイツ何してんだ?」だ。とりあえず面白いことになるまで続けてみようと思う。とにかく暴れに暴れた。そんでTシャツはビッショビショ。足元フラフラ。

お笑い会場に戻るとザ・パンチ浜崎さんがベロンベロンのどっちらけ。とにかくバカみたいに面白かった。そんなこんなで朝が来て・・

「なんか面白いことしない?」の呼びかけに、60名以上の芸人が乗っかった今回。このライブの為に稽古を重ねてくれたバカな連中もいれば、NONSTYLEみたく終電で大阪から東京へ来て朝までライブに出て、始発で大阪に戻った大バカ野朗もいる。皆して「また、やろうね」と言って解散した。そこそこいい大人になってさ、何の金にもならない悪ノリを全力で体言してくれる、このバカな連中がボクは大好き。一人一人の連絡先を知らないから、会ったら必ず言うけれど、とりあえずこの場を借りて今回この悪フザケに乗っかってくれたおバカさん達へ・・どうもありがとうございました。また一緒にバカやりましょう。

そしてお客様。皆さんの夏の思い出になったでしょうか?いつか何かの時にこの日の事を思い出して笑ってくれたら、それほど幸せなことはありません。皆さん、どうもありがとうございました。そして・・また一緒にバカやりましょう。

ボクの夏が一つ終わりました。

さて・・・気持ちを入れかえ、引き締めていっちょやったりますか。

明日は『KING KONG LIVE』です。千葉県八千代の皆様、待ってて頂戴。

2008年8月

Posted by nsnkouron