2008年8月21日 (木) なんだかんだで生き方を決めちゃったボクの戯言


 

昨晩は舞台公演終わりで糞ダルマと酒。『ドーナツ博士とGO!GO!ピクニック』もあと一回。同時にボク達の夏も終わる。その寂しさを紛らわすごとくオッサン二人で酒、酒、酒。そんなこんなで昨晩は呑み明かしたもんで、今夜は家でおとなしく絵本制作。

絵本制作も最終章、5ページ目。もう何年も続けてきた活動の8割方を終了した今、やはりゴールを意識してしまう。とはいえ決して近くはないのだけれど。あいかわらず進みの遅さには苛立つ。だけど出来上がってしまって、「面白かったです」の一言が聞ければ、その数年間の苦労でさえ簡単にフッとんでしまうのだからモノ作りは不思議。『ドーナツ~』はもう元を取れている感がある。帰り際のお客さんの顔が全てを帳消しにしてくれる。あの光景がボクはたまらなく好きだ。あれを見られるのもあと一回・・・やっぱり寂しいなぁ。千秋楽なんてずっと来なけりゃいいのに。

昨日の公演にはボクの一ヶ月先の交通事故を見事に当てた占い師の星先生も来られていて、「西野さんはもう、やりたいことをやるべきです」と言われ、よけい拍車がかかった。もしかしたら『ドーナツ~』がボクの思いを決定づけたかもしれない。ボクはもう自分の生き方を決めた。ボクは生涯、今のように生きたいと思う。金持ちにはなれそうにないけれど、こっちの方が幸せだ。

来週頭は『KING KONG LIVE 秋田公演』、『ドーナツ博士とGO!GO!ピクニック 千秋楽』、『西野亮廣独演会in愛媛』、怒涛の三連続。集中力を切らさないようにしなければ。自分が必要だと思える幸せな三日間だ、大事に、大事に。

そういえば、頂いたファンレターに書かれていた「M-1前はM-1に集中してください」との言葉。心配してくれてありがとう。でも大丈夫。漫才は当たり前のことを当たり前にやるだけ。直前に慌てて詰め込むテスト勉強のようなものでもないと思っている。去年はソレをやっちゃった。だけど今年は頭からずっと当たり前にやっている。どうなるかはわからないけれど、やり方は正しいと思っているよ。心配してくれてありがとう。

絵本制作のその先の話もあるけれど、とりあえず来春には今やっていること諸々一段落するだろう。そしたら南国へ行って、海でプカプカ浮かんで、夕暮れ時に次のコメディーの構想を簡単に練って・・そんな日を迎えたいもんだ。それまで頑張ろう。

生き方決めちゃった。9月の大谷さんとのトークライブは、そんな話でもしてみよう。

2008年8月

Posted by nsnkouron