2008年8月22日 (金) 整理整頓アレやコレ


 

自分の思いを文字にするのは、思いの確認と整理ができてとても良い。とくにこういった場所で文字に残すのは退路を断つ意味でも良い。サボりたくないから、サボれないようにしてしまう。そんで今日もそんな文章を残しておこうと思う。頭の中をキチンと整理しなくちゃ。

「アレがしたい、コレがしたい」という気持ちは今は抑えよう。とにかく今は目の前にあるモノを片付けないと。とにもかくにも、それからだ。

『ドーナツ博士とGO!GO!ピクニック』はあとは千秋楽、そしてそれをDVDにする作業までキチンと責任を取る。千秋楽が終われば早々に編集打ち合わせ。間違った映像の残し方をしてしまっては、せっかく汗を流してくれた演者さんに会わす顔もなくなる。「西野に乗っかって良かった」と思ってもらえるように。DVDが店頭に並んだ時にボクの『ドーナツ博士とGO!GO!ピクニック』は終わり。せっかくここまで一ミリも手を抜かなかったんだ、ここで妥協したら愚の骨頂。最後の最後までキチンとやり遂げよう。

次回作、『グッド・コマーシャル!』の脚本はあいかわらず一箇所の問題を残したところでストップしている。この問題を考えている途中で、上のDVD制作のことや絵本制作のこと、今度のライブのこと、それらが頭の中に入ってきてゴッチャゴチャになってしまって、頭が爆発しそうになって行き詰まる。まったくくだらない頭。8月中にここをクリアにしよう。そして『ドーナツ~』の舞台のよう、衣装、セット、音楽・・等々、それらの準備に入ろう。11月の公演では必ず結果を残そう。

絵本制作は最終章、ただいま5ページ目。まわりに人がいても進められるこの作業はルミネの空き時間などでもやっている。もちろん家でも。とはいえ、あいかわらずの進行の遅さ。いちいち苛立つが、それも2年前ほどではなくいなった。今はゴールが見えている安心感があるから。執筆のお仕事の依頼も、とりあえずはこれが終わってから。これが終わらないうちは始めない。

その中でも今のところ一番安定しているのが漫才。「自信」という言葉でもない。ただ淡々と、舞台で漫才、微調整、舞台で漫才、微調整、の繰り返し。漫才に限っては終りがないもんだから大事なのは今のペースを保つことだと思っている。つまりは別にM-1前日に漫才まみれになる必要もないということ。大事なのはこのペース。今のところいいペースでやれているのではないかと思う。

とりあえず以上のこと(まぁ漫才は少し外れたところに位置しているかもしれないが)、これらを終わらせる。終わらせてから、次。

今日は頭の中を少し整理。

2008年8月

Posted by nsnkouron