2008年8月29日 (金) うるさい二人


 

来たる9月18日、ダイノジ大谷さんと二人で喋るライブのタイトルが『うるさい二人』になったようで、「まぁ、そうだわな」と納得のタイトルなわけで。お台場にある東京カルチャーカルチャーという会場で行われるこのライブは今回で二度目。前回は確か6月にあったと記憶している。それにしても東京カルチャーカルチャーは興奮する形だったなぁ。

喋ることを何も決めていないのは前回同様。コレといった企画がないのも前回同様。話の流れに身をまかせて、思ったことを正直にぶつける。エピソードの応酬もまた良い。とにかく前回のライブ終わり「お台場の夜風がとても気持ちが良かった」その感覚はまだ残っていて、それはライブ自体がとても清々しいものだったということだ。こりゃ、楽しみだ。またお台場で呑みたいなぁ。

今日は漫才を3本やった。間に本社にてラジオの収録と打ち合わせ。打ち合わせというよりも話し合い。チーフマネージャー、現場マネージャーを介して、音楽の須藤さんと。「これからも一緒にモノを作りましょう」というお話をされる。もちろんそのつもり。今日の話し合いの結果をキチンと形にして、一日でも早く、一つでも多く、皆さんに届けたい。ボクと皆さんとのコミュニケーション、それはモノを作って評価してもらうということに尽きる。例えば『ドーナツ博士~』みたいなことだと思う。お笑い芸人としてそうでありたい。そして作り上げるモノはいつだって単純なモノ。それはボクが今まで感動したモノ、素晴らしいと思えたモノ、その全てが単純なモノだったからだ。そんなものを一つでも多く作っていきたい。

ニキビだと思っていた出来物は「めんちょ」というモノだったらしい。メンチョってなんだ?疲れが溜まるとできるのだと。ひ弱な感じで嫌だなぁ。「疲れ」とか言ってられないよ。もう次が控えている。明日はポスターの打ち合わせ。何のかって?秋の舞台『グッド・コマーシャル!』、さっそく始まったよ。今夜は脚本を書きます。

よし。また作るか!

2008年8月

Posted by nsnkouron