2008年9月11日 (木) ポロロン


 

キレちゃったボクに、「10月も独演会やらせて下さい」と織田君。やらせてください?立ち位置がよくわからなくなって考えるのが嫌になる。面倒くさいから糞ダルマにまかせる。そりゃ、ボクだってやりたい。だけど体制が整わないままズルズルとやるのも嫌。ボクの周りにいる皆がボクと同じくらいお笑いを好きになってくれたらすんごい嬉しい、そんなことばかり考えるこの頃。全てが思うようにはいかないのはしかたがないのか。いろいろ難しい。とりあえず独演会はどうなるかね?何事も全力でやった方が楽なんだけどなぁ。

そんな中、今日も須藤さんの仕事が早い。昨日お願いした音源を今朝仕上げたというから驚き。ポスターをお願いした福田さんも仕事が早い。ほぼ仕上がった『グッド・コマーシャル!』のポスターがボクのパソコンに届いていた。コイツが渋いったらありゃしない。専門家は凄いなぁ。あたりまえだけれどボクにはとうていできないんだ。ボク、色塗れないし。

やはり「仕事の早さ」に信用を見出してしまう。そう思うと、幻冬舎さんには本当に申し訳ない気持ちでいっぱい。もう何年も待たせてしまっている。もっとやらなきゃ。イカみたいに腕が何本もはえていたらいいのに。いや、それだとモテないか。だけどエロイことにも使えるなぁ・・・また関係のない事を考えてしまっているし、どうしようもない頭だ。

ギタレレという、ウクレレサイズで持ち運びに良いギターをポロロンと奏でながら、『グッド・コマーシャル!』の細かいやりとりをボケーッと考える。下北沢の踏み切りを越えたところにある行きつけの酒場にもこのギタレレが置いてあり、呑んでいる時はいつもお借りする。どうやらボクの体に収まりがいいらしい。ギターは少し大きい。そんでもって弦がビニールみたいな感じなので、それこそ「ポロロン」という音が鳴って心地がいい。『ドーナツ博士とGO!GO!ピクニック』のリハーサルの合間、天気を気にしながら、いつもテントの隅で弾いてたっけな。今抱えている仕事が全て終わって海に行く時には必ずコイツを持って行こうと思っている。

海に行きたいなぁ。

2008年9月

Posted by nsnkouron