2008年9月14日 (日) なぞなぞみたい


 

昼前、須藤さんからの電話。舞台音楽の確認。どうやら今日も動いてくれていた様、電話を切った後には気持ちがシャンとした。今回も本当に色んな人に動いてもらっていて、やはりそういう人達に格好をつけ続けないとなぁ、と。そんなこんなで西野公論は今日も制作日記。

神保町花月の事務所にて主要スタッフさんが集まっての打ち合わせ。「演出助手をさせていただきます」と女性の方が話しかけてきてくれた時に、「美術セットはどうするか?」という事を考えていて頭がいっぱいだった為に、返事が曖昧になってしまったかもしれない。そのことがしばらく気になって、「先程はリアクションが悪くてすみません」と声をかけるべきだったのかもしれないけど、勇気が出なくてフェードアウト。みっともない。ごめんなさい。

話は「舞台セットをどうするか?」ということに。やはり客席に入った時点でワクワクするようなセットが一番嬉しい。だけれど予算との兼ね合いなんかもあったりして、それが難しい。更には昨日今日作ったセットで、使い古された部屋の感じを出すのも難しいし。どうしたもんか?

「解体業者に問い合わせて、家を壊す際に玄関とか窓をもらっちゃおうぜ」と、素っ頓狂な事を言い出すボク。困惑する皆さん。だけど、それだとコストもかからないし、使い古された感じどころか実際使い古されたモノだからこの上ない。渋々、糞ダルマが解体業者に電話をかけるも、「家を解体する時はユンボとかで、グチャグチャにしちゃうから、玄関だけ残すというのは難しいみたいです」と泣き顔。そうかグチャグチャにしちゃうのかぁ、そういえばそんな映像観たことあるなぁ。どうしたもんか?

「玄関だけを残しながら家を解体するユンボ名人を知っている」という方、はたまた「ウチの玄関いらないから、舞台セットに使ってチョ」という方、神保町花月に一報下さいな。同様にに窓枠なんかも。

モノを作る時にはいつだってクリアしなければいけない問題が山積みで、だけどソレを皆で「あ~だ、こ~だ」言いながら考えて解いていくのが楽しいんだ。なぞなぞみたいだ。

さぁ、どうなるかね。『グッド・コマーシャル!』

そして明日は『KING KONG LIVE 広島公演』本業です。

2008年9月

Posted by nsnkouron