2008年9月18日 (木) いつも笑い声のせい


 

『第28回 西野亮廣独演会in山口』が終わりました。ナンダカンダで2時間喋って、バカみたいに汗かいたもんで、ボクは今とても臭いのです。山口のお客さんはとても元気で、喋りながらそれがとても微笑ましかったのです。

何年経ってもこんな感じでライブを続けたい。たくさんモノを作って、お客さんと直に触れ合って・・・そんなんでいいなぁ。そんな生き方ができるのなら満足。いつも「何もいらない」と思うよ。

ライブ終わりに声をかけてくれた女の子がとても可愛かった。笑顔がよく似合う女の子。彼氏はいるのかな?いたらば、その彼氏といつかは結婚して、子供も2人くらい産んで、幸せな家庭を築いたりするのかな?「何もいらない」と思った次の瞬間、さっそくそういう幸せを羨ましく思っちゃうなぁ。相変わらずクソ弱っちい決意だ。こんな感じでいつだってボクの思いはフラフラ、そんでこのまま明日になって明後日になって、たいした変化もないまま10年後になってそうだ。

今日もボクの隣には糞ダルマ。今からラーメンを食べに行ってくる。色気も糞もない。汗臭い男が二人並んで豚骨ラーメンだってよ。それでもそこそこテンションが上がってしまっている自分が情けない。オッパイの一つくらいくっ付けろ、糞ダルマ。

糞ダルマと並んで食う豚骨ラーメンには悲劇を感じ、やっぱり彼女が欲しくなるけれど、家庭に憧れるけれど・・・

だけど今とても幸せだ。振り返れば満ち足りていない事柄が山のようにあるけれど、やっぱり笑い声をきけたらボクは幸せな気持ちになるんだ。あまり上手く言えないけれど、笑い声がいろんな事を「まぁ、いいか」と思わせてくれる。それが人としてどうなのかは今は置いておいて。だからボクは芸人なんだ。

明日は朝から東京に帰り、もろもろ仕事して、夜は大谷さんとのトークライブ。今日で少し話したいことも増えたなぁ。また幸せな気分にさせてくれるはずだ。

それでは汗臭男2人でラーメン食ってきます。ライブに来てくれた皆様、今日はどうもありがとうございました。

楽しかったです。

2008年9月

Posted by nsnkouron