2008年10月 7日 (火) 漫才屋


 

梶原雄太の大暴走によりKING KONG LIVE史上最長時間をマークした今回の群馬公演。暴走の理由を聞けば、昨晩のキングオブコントで熱くなってしまったのだとか。わからなくもない。

今日も漫才を七本やった。ただ単にライブに来てくれたお客さん用に用意したネタ(これはTVでは絶対にやらないネタ)もあれば、やはり年末のM-1グランプリを意識したネタも2本ある。一番いいカタチはこの後の2本のネタを年末に披露できることだ。だけど、そこでそのネタを披露してしまうと、それでおしまい。このネタとはそこでお別れ。このネタをできるのもあと2ヶ月かと思うと、やはり寂しい。お別れできないようならばもっと悲しいし、なんだかとても複雑。

ネタ中はもちろんそんなことは考えもしないけれど、袖にハケている間に、あとこのネタを何回できるのか数えてしまった。どうしてボク達だけネタを捨てなきゃいけないんだろう。去年のM-1グランプリでやった『服屋さん』も『台風中継』もボクは大好きだったんだ。だけどあの日以来一度もやっていない。いつかできる日が来るのかな?例えば10年後、今のお笑いのお客さんがごっそり変わった時にできるのかな?またできると嬉しいな。

梶原が年末にやる予定のネタで暴走していた。なんだかとても楽しそうで、ボクも楽しくなった。ずっと続けられればどんなに幸せだろう。

今年のKING KONG LIVE は残すところあと2回だっけか?とにかく全力でやろう。今あるネタと付き合える時間には限りがあるんだ。年が明ければ、またネタをバババッと作って、1月の末あたりからそれらを引っ下げて全国を回る。依存なんて許してもらえないんだ。

あぁ、今日のライブも楽しかったな。来てくれたお客さん、本当にありがとうございます。

秋山竜次からメールがあったよ。「あとはM-1頑張って」だってよ。

うん、やらなくっちゃね。やるよ、俺。

2008年10月

Posted by nsnkouron