2008年10月 8日 (水) グルグルのバッタバタ


 

先日。毎度おなじみ吉本の本社で作業しておりましたら、同期の平成ノブシコブシとバッタリ。彼らは今月末に単独ライブを控えており、その準備だとか。ボクらも『KING KONG LIVE』として2週に一度単独ライブをおこなっているが、それとは違ったカタチの、準備に一年くらいかかるようなライブを、今抱えているもの全てが片付いたらやりたいなぁ、と彼らを見て思った。ボクは同期が大好き、やはり刺激を受けるし、共感できる部分が多い。

そんな中、つれない表情の徳井。理由を聞いた。「つよし(マキシマムパーパーサム)と言い合いになったんだよ。アイツの選曲はロックじゃないんだよ」・・・いよいよ来週に迫った『ろくでもない唄』において、事実上のオープニングアクトを飾る彼等。どうやら芸人同士でロックについて口論になったらしい・・・まったく共感できない同期の言葉。久しぶりにあった徳井、あいかわらずイカれていた。エキサイティングな男だぜ。それにしても『ろくでもない唄』は楽しみだ。ボクらも参加させてもらうのでいつも仕事前に集まって稽古をしている。そして周りの芸人連中の稽古の話も聞く。いつか面白い動きを見せられたら嬉しいな。

平成ノブシコブシに別れを告げ本社を飛び出し、次に向かうは神保町花月。この秋の舞台『グッド・コマーシャル!!』の音撮り。出演はカリカさんと、平田敦子さんの3人だが、声だけの出演が何人かいる。今日はそのウチの一人、結局はこの人物の声がキッカケで話が大逆転するわけで、とても重要なポジション。そんなところだから、そりゃもちろん魅力的な声が嬉しい。というワケで、ボクが吉本芸人で最も魅力的な声だと思うオリエンタルラジオの藤森くんにお願いした。彼が何かの声優に挑戦した時にとても感動した記憶があって、「いつか、いつか」と思っていて、ようやく実現。音撮りは5分程度で終わったが、藤森くんの声からはコメディーがプンプン匂って、ボクはニンマリ顔。「この人でコメディーを書きたい」と思う時がたまにある。それを思わせてくれたのが、カリカさんであったり、吉村であったり。そして藤森くんにも同じように思った。今回のお礼も兼ねていつかやりたいなぁ。とにかく藤森くんにはあの声を大事に大事にしてもらいたい。そしてオリエンタルラジオ、いい加減NHK獲れよ。応援してるからね。

プレ公演も迫ってきたし、『ホームレス中学生』絡みの動きも増えてきたし、M-1も始まった。いろんな事が動きだしているなぁ。しっかりしないとね。

番組のスタッフさんから突然電話があって、「作業ばかりやってると、爆発しちゃうよ」とお叱りを受け、強引にディズニーシーへ連れ出された。「息抜きも何も、俺、大丈夫よ」とブーブー言いながらも園内に入ったとたん大ハシャギ。ハッキリ言って楽しかった。スタッフさんといえば女友達を連れてきていて、目の前でイチャイチャしてやがった。畜生め。もしや、コレを見せつけるつもりだったのではあるまいな?「彼女が降ってこぬか」とディズニーの空をずっと見上げていたけれど、まったく降ってこなかった。ディズニーで降ってこないのなら、もう降ってこないのだと思う。ディズニーに降らず、五反田に降るわけないもん。どうやら彼女のというは空からは降ってこないらしい。さよならシータ。ありがとうシータ。

ブログの更新はなるべく0時ちょうどに間に合うようにしているんだけれど、今日は少し遅れた。理由がある。絵本制作にバカみたく集中していて中断したくなかったから。おかげで今日も一枚仕上げたよ。

とうとう残り3ページです。

2008年10月

Posted by nsnkouron