2008年10月16日 (木) もしも迷っているのなら


 

皆さんはどうなのかな?ボクはないですよ。人に合わせにいって、バッチリ合わせられる才能を自分が持っているという確固たる自信が。人の頭の中をパッカリ開いて覗けるわけじゃないから、結局はわからないですよ。だからね、「合わせにいく」という作業はボクにとったら真っ暗で何も見えていないんだ。

じゃあ、どうする?ボクはボクが面白いと思う方向に正直に動いて、同じように面白がれる人に好いてもらうしかないんだ。だからどこまでいっても「やっぱり好きになれない」という人がいて当然だと思うんだ。しかたないよ、その人に合わせにいっていないんだもの。例えばボクがもしその人に合わせにいったとしたら、その人はおろか、正直に動いていたことを好いてくれていた人も合わせて皆どこかへ消えてしまいそうな気がするんだ。それは寂しいから嫌だ。

全力ですよ。正直に体当たりですよ。それでダメかもしれないけれど、それしかない。ダメならそこまでの男だったというだけ。昔からよく言っているけれど、本当にそう思うんだ。

本当にその人の事を考えて考えて考え抜いて出た言葉じゃない、とても無責任な言葉が簡単に飛び交っているよ。そんな言葉に振り回されて時間を費やしてしまう程、ボクは暇じゃないんだ。きっとあなたもそう、そんな暇はないハズだ。無責任な言葉を発する人にバッチリ合わせられる才能、あなたにある?合わせた先にその無責任な言葉を発した人の考えが正しい自信、あなたにある?目の前に車が走っているよ、ボク達は明日アイツにひかれて死んでしまうかもしれないんだ。だから一つでも多くのモノを一日でも早く残さないと。そんなことを順序立てて考えていくと意外と打算的じゃない?

自分に正直に生きるというのは何も勇気がいることじゃないとボクは思うんだ。

2008年10月

Posted by nsnkouron