2008年10月24日 (金) 絵本制作終了


 

4年と数か月の歳月をかけた絵本制作の終わりはあまりにも突然やってきた。それは『グッド・コマーシャル!!』プレ公演終了後の楽屋での出来事。何万本と引いてきた線のうち一本をただ引いただけ・・そんな感じだった。筆を置いて、出来上がった絵を見た。描き忘れもなかったので、鉛筆の下書きの線を消しゴムで消して、額縁に入れた。たまたまこれが最後のページだったというだけ。なんだかとても静かに終わった。

そりゃそうだ5年間弱の間、毎日続けてきた作業。もちろん明日もあると体は思ってしまっているし、実感がないのも当然。ボクはまだあると思っているんだ(まぁ、実際、出版までには細かい作業がまだ残っているんだけれど・・)。なんだかフワフワして変な感じ。

幻冬舎の袖山さんがケーキで祝ってくれた。雑誌『パピルス』のスタッフさんもその瞬間に立ち会ってシャッターを何度も切っておられたが、ボクがフワフワしているもんだから、どうにも締まりの悪い感じで・・きっと感極まって感動的な場面を待っておられたに違いない。ゴメンなさい。だけど照れ隠しでもなんでもなくて、なんだか淡々とした感じが正直だったんだ。やっぱり、まだ終わったと思えていない。でも終わったよ。なんか変だ。

あとは幻冬舎さんに言うことを聞いて、あれやこれや。紙を選んだり文章を直したり題字を書いたりなんだり・・ここからは一緒に色々作業できそうで楽しみ。

絵本制作終了のことを書き始めたものの、今はなんだか何を言ったらいいかわからない。とにかくあれだけ長いことかけた絵本制作が終わったよ。

なんとも変な感じだ。

2008年10月

Posted by nsnkouron