2008年10月27日 (月) それでも笑い声が降ればハッピーエンドと呼びましょう


 

芸歴9年目を迎えたキングコング西野は気配りがきく心優しき男の子。吉本勢で埋まった楽屋に一コンビだけ他事務所で居場所を探すラヴドライブにだって優しく話しかける。「ラヴドライブって何年目になるの?」「10年目です」「あ、マジっすかぁ~。キングコング西野です、よろしくお願い致します」・・すかさず敬語をはさみ込んでみるも、時すでに遅し。ラヴドライブさんだったのである。一言目を敬語で話しかければ良かったのだが、後輩に対して敬語で話すという行為は逆に一線を引いているように思われ冷たい印象を持たれるのではないかと・・そんなこんなで「ラヴドライブって何年目になるの?」だ。そりゃ爆発できるもんならしたかったさ。本当に申し訳ありませんでした。

昨夜は幻冬舎の皆さんとメチャクチャ旨い鉄板焼き屋で呑んだ。いつもの舘野さん袖山さんに加え、今回の絵本のレイアウトなどを担当していただくデザイナーの山本さんも一緒に。山本さんの話は共感できることが本当に多くて、このような方と一緒にモノを作れるのは幸せだと思ったのです。酔っ払う前に舘野さんを中心に今回の絵本の展開を考える。ボクはまったくバカで「お~!なるほど~!」の繰り返し。「出版は焦らずじっくり時間をかけましょう」という話で落ち着いた。来年の2月くらいになるかな?いろいろ仕掛けるみたい、楽しみ。なにより、舘野さん袖山さん山本さんが、この絵本を真剣に思ってくれていることが伝わってきて、とにかく嬉しかった。そして寝不足がたたってすぐに酔っぱらった。帰り道が同じ方向だった袖山さんとタクシーに乗った。酔っ払っていたから何を喋ったかあまり覚えていないけど、翌朝見たメールで嬉しい言葉をいただいた。スットコドッコイで何をするにも誰かに支えてもらわないと形にならないボクにとって、しっかり者の幻冬舎の皆さんの存在というのはありがたい。出会えて良かった。

会食が続く。今夜はこのあと音楽戦士の総合演出と二人で呑む。向こうが完全に年上なんだけれど、よく喧嘩になる間柄。だけどよく呑みに行く。梶原と三人で行く時もある。尊敬しているからだ。この男と一緒に何かしでかしたいと思う。今日はどんな話になるのやら?

5年近く続けた習慣というのは簡単には抜けない。家に帰ると作業をしなければ落ち着かなくなっているボクがいる。来月は舞台『グッド・コマーシャル!』があるから、脚本の直しにそのエネルギーをぶつけられて今はちょうどいい。誰にも真似できない本を書こう。「ボクが出せるものは全て出します」家城さんに約束したんだ。

全部が一旦終わるのはいつになるのかな?そもそもそんな日は来ないのかな?

2008年10月

Posted by nsnkouron